購入がいいとは限らない!?賃貸物件のメリット

購入した方がいいのかなと思うとき

人生の中でも大きな買い物のひとつの住宅があります。戸建住宅でも、マンションでも金額が高額になり、多くの人はローンを組んで月々返済していく生活になることが多いです。長期にローンを組んで月々の返済金額を考えると、アパートの賃料と同じぐらいであることが多いです。そのために賃貸住宅に住んでいる人が、住宅を購入したときに返済する金額と同じような金額の賃料を払うのであれば購入した方がいいのではないかと感じてしまうことが多いです。

購入した場合に起きること

しかし住宅を購入したところで、その購入したときの金額と比較して物件の価値は年々下がっていくことが多く、実際に支払った金額よりも価値が下がることが多いです。建物にも耐用年数というものがあり、毎年減価償却されて価値が下がるような計算方法で価値が評価されるようになっています。そのため購入するのに総額で二千万円支払ったとしても、購入してから数年度その物件を売却した際には五百万円にしかならないこともありえるのです。

賃貸物件に住むメリット

そう考えるとその時々の価値の賃料を支払うことで生活できる賃貸物件もメリットがあるといえます。同じ物件に住み続けることなく、その時々の生活環境で引越しをしたり、広さの違う物件に住むこともできます。場合によっては新築物件に住むこともできますし、生活に便利な商業地域であったり、会社に近い物件であったりと自由に住み替えることもできます。最終的にも介護付の賃貸物件に住むことで孤独な寂しい生活をしなくても済みます。

札幌の賃貸の場合、豊富な物件数が大きな魅力となっており、あらゆる条件に対応した魅力的な物件が揃っています。