知っておくと為になる!!賃貸と持ち家の長所と短所

賃貸と持ち家のどちらが得?

賃貸と持ち家はどちらが得だと思いますか?賃貸にも持ち家にもそれぞれメリット及びデメリットが存在しています。ちなみに初期費用の負担が少ない事などから20代まではマイホームよりも賃貸を選ぶ人が圧倒的に多いです。しかし、30代になると自身の持ち家を購入する人が急激に増えてきます。何故、30代になるとマイホームの購入率が上がるのかと申しますと、結婚や出産を機にマイホームを購入を検討される方が多いようですね。

マイホームの長所と短所

賃貸にも持ち家にもそれぞれ長所や短所が存在しています。まず持ち家から紹介していきたいと思います。マイホームを購入すると自身の資産になります。自身の資産となりますから住居を自由にリフォームする事が可能です。また、住宅ローンを払い終わった後は支払いの必要がなくなりますので、生活が楽になりますね。しかし、長く住み続けると経年劣化により、維持費が掛かる場合もあります。更に地価が下落すると資産価値も下がってしまいます。

賃貸のメリットとデメリット

最後に賃貸のメリットやデメリットについて紹介していきます。賃貸の最大のメリットは身軽さにあるといえるでしょう。持ち家の場合だと引っ越しをする事は容易ではありませんが、賃貸であればライフスタイルに合わせて気楽に引っ越しをする事が可能です。しかし、賃貸住宅では60歳を超えると入居できる物件の数が大幅に減少してしまいます。また、自身の所有物件ではありませんので、改築やリフォームをする事が出来ないといったデメリットがあります。

函館市の賃貸物件は、本州と結ぶ北海道新幹線の函館開通で家賃相場が上昇すること間違いなしです。本州との往来が飛躍的に楽になり人的交流と物流拠点となることで、賃貸物件を求める企業人が多くなるからです。